スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーの新ブラビア、3D対応「LX900/HX900/HX800」&「NX800/HX700」シリーズ

ソニーが3Dに対応した「LX900/HX900/HX800」シリーズとその他4機種のブラビアを発表しました。以下、ラインナップです。

LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-60LX900」 580,000円前後 7月16日発売
LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-52LX900」 430,000円前後 7月16日発売
LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-46LX900」 350,000円前後 6月10日発売
LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-40LX900」 290,000円前後 6月10日発売
インテリジェントダイナミックLEDバックライト(直下型 部分駆動) 「KDL-52HX900」 470,000円前後 7月16日発売
インテリジェントダイナミックLEDバックライト(直下型 部分駆動) 「KDL-46HX900」 390,000円前後 7月16日発売
ダイナミックエッジLEDバックライト(エッジ型 部分駆動) 「KDL-46HX800」 280,000円前後 7月16日発売
ダイナミックエッジLEDバックライト(エッジ型 部分駆動) 「KDL-40HX800」 220,000円前後 7月16日発売
LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-46NX800」 260,000円前後 4月30日発売
LEDバックライト(エッジ型) 「KDL-40NX800」 200,000円前後 4月30日発売
CCFLバックライト 「KDL-46HX700」 250,000円前後 4月30日発売
CCFLバックライト 「KDL-40HX700」 190,000円前後 4月30日発売

「HX700」シリーズ以外はLEDバックライトを使用しています。3D対応機の内、「LX900」シリーズは3Dシンクロトランスミッターを内蔵していますが、「HX900/HX800」シリーズは別売の「TMR-BR100」(5,000円前後)を3Dシンクロ端子に接続することで対応します。

パネルの解像度はフルHD (1,920 ×1,080)で共通。また、すべて4倍速に対応していますが、以下のように名称が異なります。

「LX900/HX800」シリーズ→モーションフロープロ240Hz(フレームブリンキング)
「HX900」シリーズ→モーションフロープロ240Hz(ラインブリンキング)
「NX800/HX700」シリーズ→モーションフロー240Hz

ようやくソニー待望の3D対応テレビが登場しました。今年前半の本命に間違いはありませんが、画質的には複雑な回路がなくて作り込みやすい「KDL-40HX700」がいいかも・・・。

(関連記事)
3D対応テレビ比較、パナソニック「TH-P50VT2」×ソニー「KDL-52HX900」
注目は「TH-L37D2」、パナソニックのLED液晶テレビ
シンプルなソニーの4倍速ブラビア、「KDL-40NX800/40HX700」

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。