スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルなソニーの4倍速ブラビア、「KDL-40NX800/40HX700」

先日、ソニー「ブラビア」の新機種が発表されました。目玉は3D対応。6月、7月にかけて発売されます。しかし、コンテンツが十分ではないのに、これら初代機を買うのも不安でしょう。それだったら従来路線で、4倍速液晶に対応した「NX800」と「HX700」シリーズを選択するという考えもあります。以下、40V型の主な仕様の比較です。

「KDL-40NX800」
画素数:1,920×1,080、バックライト:エッジLED(部分駆動)、センサー:明るさセンサー、消費電力(待機時):138W(0.2W)、外形寸法(本体):幅994×高さ635×奥行き64mm

「KDL-40HX700」
画素数:1,920×1,080、バックライト:CCFL(冷陰極蛍光管)、センサー:おまかせ画質センサー、消費電力(待機時):172W(0.17W)、外形寸法(本体):幅1023×高さ628×奥行き100mm

両機種ともに発売は4月なので、まだ画質は見ていません。しかし、「KDL-40HX700」の方がいいのではないかと推測します。

最大の違いはバックライトです。「HX700」シリーズは従来の方式。「NX800」シリーズは「EX700」シリーズと同様のエッジLED。これが曲者です。スリム化と低消費電力化を重視し、その上で画質を高めているというイメージがあるのです。ちなみに3D対応の高画質モデルは「HX900」シリーズで、バックライトは直下型LED(部分駆動)「インテリジェントダイナミックLED」を採用しています。

以上、仕様的にはここまで。あとは実際に見て判断です。

(関連記事)
注目は「TH-L37D2」、パナソニックのLED液晶テレビ
ソニーの新ブラビア、3D対応「LX900/HX900/HX800」&「NX800/HX700」シリーズ
ソニーの液晶テレビ、ブラビア「KDL-40EX700」の画質

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。