スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高画質よりも公開時の映像感、『風の谷のナウシカ』ブルーレイディスク

映画『風の谷のナウシカ』のブルーレイディスク(BD)が7月14日から発売されます。価格は7,140円(税込)。

宮崎駿監督を世に知らしめたアニメとして、そして、映画史に名を残す作品でもあります(安田成美の下手な歌も思い出されます)。当然、デジタル処理を施して超高画質化を目指したのかと思いきや、監督は公開時(1984年)の映像感を重視したそうです。

古い映画が「低画質」なのは当然のこと。それを高画質で蘇らせれば、時代感を失い、作品の冒涜につながるというのです。納得です。

従って、『風の谷のナウシカ』は、最新ブルーレイディスク作品のように濃厚な発色、鮮鋭感のある映像ではないはずです。

買ってみて「こんなに画質が悪いの?」と思うかもしれません。しかし、時代の記憶・空気感までも大切にパッケージしてくれた監督の意図を尊重したいですね。

(関連記事)
プレーヤー普及のキラーソフト、2D版『アバター』ブルーレイ&DVDセット
なんちゃって3D? 映画『戦慄迷宮3D』DVD発売!!

(関連情報)
『風の谷のナウシカ』ブルーレイで登場!デジタル処理嫌いの宮崎駿監督も涙(シネマトゥデイ)

テーマ : コレッてイイかも~!?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。