スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトで高倍率、富士フイルム「FinePix F550EXR」×キヤノン「PowerShot SX230 HS」

本木雅弘がCMキャラクターを務める富士フイルムのデジタルカメラ「FinePix F550EXR」。暗部の撮影が得意なカメラであるとアピールしていますが、カテゴリー的にはコンパクトでありながら高倍率ズームを搭載したモデルです。おそらく、ライバルはキヤノンの「PowerShot SX230 HS」。以下、仕様を比較してみました。

「FinePix F550EXR」
有効画素数:1600万、広角(35mm換算):24mm、光学ズーム:15倍、開放F値:W3.5~T5.3、外形寸法:幅103.5×高さ62.5×奥行き32.6mm、質量:215g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

「PowerShot SX230 HS」
有効画素数:1210万、広角(35mm換算):28mm、光学ズーム:14倍、開放F値:W3.1~T5.9、外形寸法:幅105.7×高さ61.6×奥行き33.2mm、質量:223g(バッテリー、メモリーカード含む)

「FinePix F550EXR」は幅が狭く薄いので(その分、高さがあり)、持った時のコンパクト感はあると思います。光学ズームはちょっぴり上の15倍。広角側が暗く、望遠側が明るい特徴を有しています。高倍率ズーム機を購入する人は、ズームを多用する傾向があると思うので、全体的に明るい映像が撮れるカメラとしておすすめできるのではないでしょうか。

(関連記事)
光学10倍超でコンパクト、「PowerShot SX210 IS」「DMC-TZ10」
光学10倍ズームで世界最薄、ニコンのデジタルカメラ「COOLPIX S8000」

テーマ : コレッてイイかも~!?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。