スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶テレビとプラズマテレビ。そして、3Dテレビ

パナソニックがプラズマテレビの新機種を発表しました(G2シリーズ3機種、S2シリーズ2機種)。何かピンと来ません。画質は向上しているのでしょうが、強力なセールスポイントが足らないのです。

そのような中、気になるデータを見つけました。パナソニック調べの「国内民生用 薄型テレビ総需要推移」です。

2006年 PDP:821,000  液晶:5,914,000
2007年 PDP:998,000  液晶:7,802,000
2008年 PDP:1,106,000 液晶:8,994,000
2009年(見込み) PDP:1,100,000 液晶:13,200,000
2010年(予測)  PDP:1,150,000 液晶:13,450,00 

3Dテレビ
プラズマテレビは大型化にシフトしていますので、当然、台数は出ません。さらに、実質的にパナソニック1社なので頑張っていると言えます。でも、動きが鈍化していますね。だからこそ、早く次の一手がほしいはず。それが「3Dテレビ」です。でも、メガネをかけてテレビを見たいですか。そこが気になるんですよね・・・。

(関連記事)
ソニーの新ブラビア、3D対応「LX900/HX900/HX800」&「NX800/HX700」シリーズ
3D映像を見るために必要なもの
世界初の3Dテレビ、パナソニック「TH-P50VT2」の消費電力は?

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。