スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D映像を見るために必要なもの

パナソニックが3D関連の商品を一斉に4月23日から発売することで、いよいよ3D映像が身近な存在になってきました。しかし、実際に楽しむレベルになるためには、ハードとソフトの環境が整うことが不可欠です。以下、現状を整理してみました。

(ハード)
・テレビ
54V型プラズマテレビ パナソニック 「TH-P54VT2」 530,000円前後 
50V型プラズマテレビ パナソニック 「TH-P50VT2」 430,000円前後 

・プレーヤー(レコーダー)
ブルーレイディスクプレーヤー パナソニック 「DMP-BDT900」 130,000円前後 
2TB HDDブルーレイディスクレコーダー パナソニック 「DMR-BWT3000」 300,000円前後  
1TB HDDブルーレイディスクレコーダー パナソニック 「DMR-BWT2000」 200,000円前後 
750GBブルーレイディスクレコーダー パナソニック 「DMR-BWT1000」 160,000前後

(ソフト)
・放送
2010年夏から「スカパー!HD」で放送開始。「J:COMオン デマンド」にて4月から開始予定。

・パッケージ
2010年春、映画会社より3Dソフト発売。現在、自然映像の『グランドキャニオン』、映画『アストロボーイ』『アバター』がデモソフトとしてあるので、これらのタイトルが濃厚。

以上が概略です。今後はスカパーの株主であるソニーからも3Dテレビが発売されることでしょう。おそらく、その際のキラーコンテンツはワールドカップ。このビッグチャンスを逃すわけがないと思います。シャープはいつですかね・・・。

(関連記事)
3D対応テレビ比較、パナソニック「TH-P50VT2」×ソニー「KDL-52HX900」
ソニーの新ブラビア、3D対応「LX900/HX900/HX800」&「NX800/HX700」シリーズ
結局、3Dメガネ(グラス)「TY-EW3D10W」は買うことになる?

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。