スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD、ブルーレイディスク(BD)が再生できない!?

録画したDVDやブルーレイディスク、購入したソフト、レンタルなど、突然、再生できなくなることがあるかと思います。もちろん、機器のトラブルだったら修理が必要です。しかし、ディスクに問題がある場合には、対策を施せば再生できる場合があります。大別すると以下の2点になります。

・キズ
普通に使って付いたキズでしたら、強力なエラー訂正がはたらくため、そんなに気にすることはありません。機器によって再生状況が異なるのは、ピックアップ出力が関係しています(古くなると下がってくる)。問題なのは、内周のディスク情報が記録されている箇所。ここにキズが付いてしまうと読み取れなくなる可能性が高いです。

・指紋
子供のいる家庭だと、お菓子を食べたベタベタの手でディスクをさわるケースもあるでしょう。問題はあぶら成分です。こんな時は拭き取ればいいのですが、ティシュはやめた方がいいです。ティッシュの原材料は木です。拭けば拭くほど、表面に細かいキズが付いてしまいます。必ずディスク用のクロスを使うこと。または、メガネやレンズを拭くやわらかい布でも代用できます。

経験的には内周のディスク情報が記録されている箇所をきれいにすることで復帰することが多いです。

(関連記事)
録画用DVD(-R/-R DL/-RW/-RAM/+R/+R DL/+RW)の違い
ビデオテープをブルーレイディスクへ、VHS&BDレコーダーの必要性
プレーヤー普及のキラーソフト、2D版『アバター』ブルーレイ&DVDセット

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。