スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

録画用DVD(-R/-R DL/-RW/-RAM/+R/+R DL/+RW)の違い

ブルーレイディスクレコーダーが普及したとしても、DVDを録画できる機器であることには変わりがありません。いまだに思うのが録画・再生に関するルールが複雑なこと。これにデジタル放送の録画が加わるとますます複雑になります。以下、簡単に整理してみました。

「DVD-R」
記録方式:追記、最大容量:4.7GB(片面1層)、消去:不可、デジタル放送の録画:CPRM対応ディスクで可能(データ用は不可)、主な特徴:録画・再生機ともに豊富。ファイナライズをすれば再生互換が高いDVD。

「DVD-R DL」
記録方式:追記、最大容量:8.5GB(片面2層)、消去:不可、デジタル放送の録画:CPRM対応ディスクで可能(データ用は不可)、主な特徴:録画・再生機はそれほど豊富ではない。従って、ファイナライズをしても対応機でなければ再生できない。

「DVD-RW」
記録方式:書き換え、最大容量:4.7GB(片面1層)、消去:可能、デジタル放送の録画:CPRM対応ディスクで可能(データ用は不可)、主な特徴:録画・再生機ともに豊富。原則としてファイナライズをしなくても対応機であれば再生可能。

「DVD-RAM」
記録方式:書き換え、最大容量:9.4GB(両面。片面4.7GB)、消去:可能、デジタル放送の録画:CPRM対応ディスクで可能(データ用は不可)、主な特徴:パナソニックと東芝が推進するDVD。ファイナライズの概念はなし。両面タイプは容量が最大だが、裏返して録画しなければならない点が短所。カートリッジ(ケース)タイプを再生できる機器は少ない。少し再生機は増えている。

「DVD+R」
記録方式:追記、最大容量:4.7GB(片面1層)、消去:不可、デジタル放送の録画:不可、主な特徴:ソニーが推進するDVD。この+(プラス)方式はデジタル放送を録画できないので、実質的には使えない。少し再生機は増えている。

「DVD+R DL」
記録方式:追記、最大容量: 8.5GB(片面2層)、消去:不可、デジタル放送の録画:不可、主な特徴:「DVD+R」と同様。容量が増えているだけ。再生機はもっとも少なくソニーのみ(のはず)。

「DVD+RW」
記録方式:書き換え、最大容量:4.7GB(片面1層)、消去:可能、デジタル放送の録画:不可、主な特徴:「DVD+R」と同様。「DVD+R DL」の次に再生互換性が低い。

以上です。

(関連記事)
DVD、ブルーレイディスク(BD)が再生できない!?
ビデオテープをブルーレイディスクへ、VHS&BDレコーダーの必要性
地上デジタル放送をビデオデッキ(テープ)でダビング(コピー)

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。