スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーレイ内蔵、東芝「レグザ 32R1BDP」とシャープ「アクオス LC-32DX2」

シャープが初めてブルーレイディスクレコーダーを内蔵した液晶テレビを出してきた時、遂にブルーレイディスクもテレビデオみたいになるのかと思いました。しかし、その後、他社は追随しません。むしろ、同じ録画対応ならばハードディスク内蔵機が主流となっています。

そのような中、東芝がブルーレイディスクプレーヤー内蔵テレビを登場させてきました。「レコーダー」ではなく「プレーヤー」です。中途半端に感じていましたが、同社得意の「USBハードディスク録画」ができるんですね。10,000円くらいお金を出せば録画が可能。なるほど、そういう手があったのかと思いました。

最新の32V型で比較すると、東芝が「32R1BDP」、シャープが「LC-32DX2」。どちらも液晶パネルの解像度は同じで(1,366×768)、倍速表示もありませんから、画質上の基本スペックは似たようなもの。後は店頭で見比べて選ぶというところでしょう。

しかし、あらためて考えてみると、テレビデオのような単純なモデルがなくなりました。消費者にとっては、複雑すぎて買いにくい時代です。

(関連記事)
東芝・液晶テレビ「レグザ」の録画番組をBD/DVD化できる「D-BR1」
プレーヤー普及のキラーソフト、2D版『アバター』ブルーレイ&DVDセット
東芝の液晶テレビ・レグザ「R9000」シリーズ&対応USBハードディスク
DVDが録画できないシャープの液晶テレビ「アクオス DX2/DX1」シリーズ

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。