スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目は「37Z1」、東芝「LEDレグザ」2010夏

東芝がレグザの夏モデルを発表しました。すべてにLEDバックライトを採用した「Z1」「RE1」HE1」シリーズでカラーバージョンを含む計26機種。5月上旬から7月上旬にかけて発売されます。ざっと内容を見て、わかりにくかったので従来シリーズと比較してみました。

「X1」シリーズ
映像処理エンジン:CELLプラットフォーム、バックライト:LED、倍速:○、ハードディスク録画:内蔵/USB、サイズ:55V

「ZX」シリーズ
映像処理エンジン:メタブレインプレミアム2、バックライト:LED、倍速:○、ハードディスク録画:内蔵/USB/LAN、サイズ:55V、46V

「Z1」シリーズ(新)
映像処理エンジン:次世代レグザエンジンDuo、バックライト:LED、倍速:○、ハードディスク録画:USB/LAN、サイズ:55V、47V、42V、37V

「RE1」シリーズ(新)
映像処理エンジン:次世代レグザエンジン、バックライト:LED、倍速:○(37V型以上)、ハードディスク録画:USB、サイズ:55V、47V、42V、37V、32V、26V、22V、19V

「HE1」シリーズ(新)
映像処理エンジン:次世代レグザエンジン、バックライト:LED、倍速:×、ハードディスク録画:内蔵/USB、サイズ:26V、22V、19V

37V型以上はフルHD(1,920×1,080)モデルです。基本的には上から順番に画質がいいはず。売れ筋はサイズの多い「RE1」シリーズです。画質的には新エンジン(次世代レグザエンジンDuo)を搭載した「Z1」シリーズが注目。この中では、すべて画素数が同じなので、もっとも画面サイズが小さい「37Z1」(250,000円前後)の画質がいいと思います。

(関連記事)
東芝レグザ、32V型フルHD液晶テレビ「32RX1」は高画質
東芝レグザ「42Z9000」の映りこみ
東芝の液晶テレビ・レグザ「R9000」シリーズ&対応USBハードディスク

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

プロフィール

通信局長

Author:通信局長
デジモノ好きな男性

カテゴリ
美容・健康家電 (11)キッチン家電 (2)生活家電 (6)デジタルカメラ (44)ビデオカメラ・デッキ (8)ブルーレイ・DVDレコーダー(プレーヤー) (12)モバイル・携帯電話 (5)ポータブルオーディオ (16)オーディオ (4)液晶テレビ (28)プラズマテレビ (5)パソコン・周辺機器 (2)その他 (9)
最新記事
運営サイト
セレクトグッズ通信

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。